FC2ブログ
あなたは、商品を購入してくれたお客さまに、
何らかのフォローをしているでしょうか?

礼状を書いたり、感謝の電話をしたり。

手紙やハガキの効果については、
多少なりともマーケティングの勉強をした人なら、
誰もが知っていること。

しかし、実践している人は、ほんの数パーセント。

効果を知りながら、なぜ、やっていないのでしょうか。

手間も掛かるし、経費もそれなり。

つい、手を抜いてしまうのでは?

“まめ”な人でなければ、
できないことかもしれませんが、
ならば、“まめ”になれば良いだけのことです。

トップセールスマンや繁盛店店主は、
必ずと言っても良いほど、“まめ”な性格です。

お客さまとのコミュニケーションが、
商売をする上でもっとも大切であることを
知っているからです。

常にお客さまと繋がっていることで、
親しみを感じてもらえ、
お店や店主に好印象を持ってもらえるのです。

たとえば、商品購入後すぐの礼状。
3ヵ月後の“お伺い”。

“まめ”に接点を持つことが重要なのです。

とは言っても、手紙やハガキを送るのは大変な作業です。

しかも、感動してくれるお客さまが多いものの、
中には、煩わしいと感じる方も少なくはありません。

デジタル時代を生きる人たちが相手なので、
仕方のないことかもしれませんが。

できれば、「アナログ」で繋がっていたいところですが、
気軽な「デジタル」を使いこなすことで、
現代のお客さまが振り向いてくれるのなら、
それもひとつの方法です。

お客さまのメールアドレスをできる限り集め、
“まめ”に繋がりを築いてください。

お客さまが負担に感じないよう、
短くて効果的なメールを“まめ”に送ってください。

心を掴む言葉を勉強して。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック