横浜の中華街は、何度か行きましたが、
長崎の中華街には行ったことがありません。
一度は,行かなければいけないと思っています。

神戸は、昔から通っていましたから、
長崎へ行けば、三大中華街制覇です。

もし行くなら、佐世保にも行こうと思っています。
それは、佐世保バーガーを食べるためです。

1951年(昭和26年)、日本初のハンバーガーが、
佐世保米軍基地から、この地に伝えられました。
つまり、日本における発祥の地なのです。

私が知っているハンバーガーは、
大手チェーン店のものだけです。
アメリカのダイナーで食べるような、
デッカい本物を食べてみたいのです。

と思っていたら、大阪に「ログキット」という、
佐世保バーガーのお店ができました。
これは行かなければ、とワクワクしました。

第一の感想は、「旨い!これが本物かぁ!」
マクドナルドやモスバーガーとは、
まったく違う食べ物のように思えました。

私が食べたのは、佐世保バーガーR 860円。
とにかくデカい。
普通の男性でも、
お腹いっぱいになるような大きさです。

パテも旨い。ベーコンも分厚い。
食べごたえありで、860円は納得です。

佐世保バーガーS 560円もありますが、
こちらはマクドナルドと同じくらいの大きさです。
挟んであるものの量が違うので、
高さがまったく違いますが。


美味しい。しかし……

大阪梅田店はイートインが無く、持ち帰りのみです。
周辺の広場やその場で食べる人もいます。

「ログキット」は、ファストフードではなく、
スローフードだとうたっていますが、
お店でゆっくり食べることができないと、
マクドナルドと同じように感じてしまいます。

確かに、手間のかかる作り方をして、
味も違うのですが、
店舗を見る限り、ファストフード店です。

ファストフード店のハンバーガーが、
560円では、やはり高いのです。

特に、大阪のシビアなお客さまが、
買い続けてくれるかどうかは、疑問です。

最初は、物珍しさで飛びつきますが、続きません。
モスバーガーの高級バーガーも、
売り上げが落ちてきています。

ハンバーガーは、立派な食事です。
しかし、所詮ハンバーガーです。
高級料理ではないのです。
それなりの価格があるはずです。

また、地域性も関係してきます。
発祥の地・佐世保では、
食文化として定着しているからこそ、
みんなが日常食べるのです。

全国の食文化が集まる東京なら、
問題は無いでしょうが、
粉もん文化の大阪には、
「たこ焼き」というファストフードがあります。

そこに入り込み、定着させるのは、難しいと思います。
いまのところは、売れているようですが。

美味しいのは捨てがたい。
他の種類も食べてみたい。
問題は、その後。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
人気ホームページランキングへ人気ブログランキングへ






スポンサーサイト
テーマ:独立・開業
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック