ある日の新聞に載っていた、
読者の投書をご紹介します。



長女は9月、九州を旅行した際、
夜行バスで帰る予定でしたが、
台風の影響で、飛行機や新幹線が
いつ運休になるか分からない状況になりました。

飲食店などが早々と閉店する中、
長女は出発時刻の午後11時まで、
どこで時間をつぶせばいいのか、
途方にくれたそうです。

そんな時、長女は小倉駅前のホテルの玄関に
張り紙を見つけました。

「足止めをされて困っておられる皆様へ。
 当ホテルの4階にてお部屋を開放いたしております。
 遠慮なくゆっくりおくつろぎください」

部屋では湯茶の用意が整い、
食べ物も持ち込み自由とのことで、
長女はホテル内のベーカリーでパンを買うなどして、
出発まで安心して過ごすことができました。

道行くすべての人をお客様とみなし、
状況に対応したホテル側の粋な計らいだったようです。
実にさりげない最高のおもてなしだと感じました。



あなたはこの投書を読み、何を感じましたか?

「心配りのある、優しい人がオーナーなんだろうなぁ」
ですか。
「ウマく宣伝したなぁ」ですか。

確かに、ホテル内のベーカリーで、
パンが売れるだろうという予想はあったかもしれません。

親切にしておけば、
次回利用していただけるかもしれません。
すべて計算かもしれません。

しかし、この女性はどう感じているでしょう。
「宣伝なんだから、気にせず利用すればいいや」
と思ったでしょうか。
違いますよね。

ありがたい。助かった。
心遣いに感動したことでしょう。
心がぽっかぽかになったはずです。

優しさなのか、計算なのかは別として、
人の役に立ったことは間違いありません。

これは、商売人として
『すべて、人はお客さま』という想いがあればこそ、
できることです。

宿泊客以外は関係ない、という意識でいるなら、
こんな親切は考えることすら無かったはずです。

宿泊客は、もちろん一番大切なお客さまです。
しかし、外を歩いている人もお客さまなのです。
これを忘れている店主がたくさんいます。

あなたのお店なら、こんな時、何ができますか。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
人気ホームページランキングへ人気ブログランキングへ






スポンサーサイト
テーマ:独立・開業
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック