「事業計画書」は、開業前に作成するものだ、
と思われていませんか。実際はそうなのですが、
ここでは、すでにお店を持っている方にも
事業計画書を作って欲しい、という話をします。
もちろん、これから開業する方も
ぜひ作って欲しいのですが。

お店を持っている方で、開業前に「事業計画書」を作った
という方は少ないかもしれません。
それは、公的機関から融資を受ける時以外は、
法的に必要ないからです。

また、親から後を継いだ方も多いかもしれません。
なぜ、私が計画書の作成をお奨めするのかというと、
自身のお店を見直して欲しいからです。

モノが売れないから、販売促進を考えたい。
人が来ないから、もっと効果的な宣伝をしたい。
そんな思いを抱いている方に、もう一度、
お店のコンセプトを考え直してもらいたいのです。

●事業の概要(何のお店か)や目的、目標は、
 ハッキリとしていますか?
●コンセプト(基本的な考え方)はしっかりしていますか?
●ターゲットは明確になっていますか?
●商品戦略は?
●セールス戦略は?
●プロモーション戦略は?

これらのひとつひとつに答えることができるでしょうか。
失礼な言い方ですが、ほとんどの方が
答えることができないのではないでしょうか。

開業当初は、しっかりとした考え方で
やっていたかもしれませんが、月日が経つにつれて、
商品も変わり、客層も変わり、
自分の思っている方向へ向かっていない場合もあります。

たとえば、理容室。
何の疑問もなく、中高年男性がターゲットだと
考えているかもしれませんが、
本当にそれで合っているでしょうか。

現在、カットだけ理容室に行く女性が
増えていることを知っているでしょうか。
そんなターゲットを考えたことがあるでしょうか。

たとえば、スポーツ用品店。
スポーツをする人をターゲットにしていますが、
本当は、これからスポーツを始めたい
と考えている人の方が多いのではないでしょうか。

このように考えていくと、
お店づくりも販売促進も変わってくるはずです。

そこで、お店の総点検の意味でも、
計画書づくりをやってみてください。

では、事業計画書は、何のために作るのでしょうか。

まずは、自分の考えをまとめ、
事業としての可能性をより高めるためです。
あらゆることを考えたつもりでも、
必ず何かを見落としているものです。

これを具体的に紙に書き出してみると、
まだまだ考えなくてはならないことが
たくさんあることに気づきます。

すべてをメモ書きしているから大丈夫だという人でも、
それは単なる憶え書き、
アイデアの羅列にしか過ぎません。
それぞれのつながりがなく、
つじつまの合わないものになってきます。

これらを整理・整頓していくうちに、
抜けている細かなことにも気づき、
計画がより具体化していくのです。

そして、次にやるべきことが手に取るようにわかり、
確実な一歩を進んでいくことができるのです。
頭の中も整理され、
事業の輪郭がハッキリと見えてくるようになります。

すると、事業の可能性も
さらに高まってきたと言えるのです。
スポンサーサイト
テーマ:独立・開業
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック