東京下町。細い路地の商店街。
「中華そば」の暖簾をかける小さなお店があります。
店主95歳。息子夫婦と3人で、
お店を元気に切り盛りしています。

壁に貼った黄ばんだメニューの右端には、
「ラーメン 200円」の文字が。

いま現在の価格であり、
開店当初から変わっていない価格です。
30数年前の開店時でも安い方です。

店主は、
「お客さまに美味しいものを安く食べさせてあげたい」
という思いから、ずっと値上げせずにやってきました。

物価の上昇で苦しい時も多々あったと思います。
多少値上げしたところで、
お客さまは逃げなかったはずです。

もし、いま400円だったとしても、
“安い”といって、お客さまは来ています。
それでも、店主は値上げをしていません。

それは、この店主の信念です。
「200円で食べさせる」という信念です。

悪く言えば、単なる“がんこ”かもしれません。
“意地っ張り”なだけかもしれません。

しかし、商売人の心意気なのです。

「俺が生きているうちは、200円のままだ」と言います。

贅沢な暮らしはできないでしょう。
それでも、お客さまを喜ばせることが好きで、
続けています。
商売が好きなのです。
商売が、人生のすべてなのです。

私は、みなさんに、
そんな商売人になって欲しいと
思っているわけではありません。
この店主のような信念を持っていただきたいのです。

俺のやるべきことは“これだ!”という信念を。

「金儲けがしたい」でもいいでしょう。
しかし、その先が問題です。

つまり、目標の無い金儲けは、
人生の無駄遣いなのです。

何のための金儲けなのかが大切です。

いい暮らしがしたい?
そんなものは、目標でも何でもありません。
1年もいい暮らしをしていれば、飽きてしまい、
刺激を求めるようになります。

意味の無い高額なものを買ったり、
ギャンブルに走ったりするだけで、
身を滅ぼすことになります。
お金があっても、不幸な人生です。

お金は無くても、
このラーメン屋の店主の方が、よほど幸せです。
充実した、素晴らしい人生です。

あなたの信念は、何ですか?


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
人気ホームページランキングへ






スポンサーサイト
テーマ:独立・開業
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック