ある子ども服メーカー&ショップでは、
季節商品の売れ残りが少なく、
非常に効率の良い、生産・販売を実現させています。

つねに商品企画が当たっている、
というわけではありません。
当然、まったく売れない商品もあります。

しかし、失敗を最小限に抑える
手立てを持っているのです。

全国に店舗を持っているからこそ、
できることでもありますが。

このお店は、北海道から沖縄までありますが、
そこに秘密が隠されています。

北と南では、季節にズレがありますよね。
これを利用しているのです。

たとえば、夏物を投入するのは、沖縄からです。
夏が一番早く来ますから、当然です。

そこで、新しい夏物の売れ行きを、
まずは沖縄でリサーチし、その結果をもとに、
九州のお店の商品構成を考えるのです。

沖縄でよく売れた商品は、緊急増産し、
売れなかった商品は、すぐに廃番にしてしまいます。

思い切った決断ですが、
これがもっとも無駄の無い方法なのです。
“売れる確信”のある商品だけを残していくのですから、
これほど効率の良い販売方法はありません。

九州の次は、中国、四国、近畿……
最後に北海道となり、
全国の店舗が好成績を上げるのです。

逆に、冬は北海道から始まります。


季節商品を扱っているお店は、
売れるかどうかの判断が非常に難しく、不安ですよね。

季節が先にやって来る地域の売れ筋情報がわかれば、
自信を持って販売ができます。

しかし、大手でもなければ、そんな方法は取れません。

そこで、他地域の同業者と
ネットワークを組んでみてはどうでしょう。

つねに情報をやり取りすることで、
消費者動向がわかり、商品構成にも生かせます。

また、同業者との関係が密になり、
互いに刺激し合い、相談相手もできます。


業界雑誌や業界新聞でも、
流行の“予測”はわかりますが、
同じような状況にあるお店の
“生の声”を聞くことはできません。
ネットワークを作れば、それができるのです。

複雑な消費者の動きを読み取ることができれば、
『売れる商品』だけで商売ができるようになります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


人気ホームページランキングへ






スポンサーサイト
テーマ:独立・開業
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック