高機能・高性能・高品質=売れる商品

ではありません。

高機能・高性能・高品質+安い=売れる商品

でもありません。売りやすいだけです。


信頼できる商品+サービス+情報+理念=売れる商品
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これが、正しい方程式です。
売れる商品というのは、商品の良さだけではなく、
商品を取り巻く環境・条件などが、
大きく関わっています。

この方程式を実践し、成功している例があります。

「ジャパネットたかた」

テレビの通販番組を中心に、
毎年売り上げを伸ばしています。

しかし、同社の商品は、特別安いわけでもありません。
家電量販店の方が安い場合もあります。
なのに、お客さまの支持を集めているのは、
どうしてでしょうか。

では、方程式と同社の売り方を検証してみます。


●まず、「信頼できる商品」ということ。

これは、高機能・高性能という意味ではなく、
壊れにくい確かな商品、
間違いの無い商品ということです。

ジャパネットたかたは、
扱う商品に厳しい選定基準を設けています。
自信を持って売るためには、
それだけの品質が備わっていなければいけませんから。

以前観た、テレビの番組でのこと。
高田社長は、商品を売り込みに来た営業マンの前で、
その商品をわざと床に落としていました。

商品の強度を確かめるためです。
その商品は壊れてしまい、「これでは売れません」と、
商談は不成立です。

少しやり過ぎだと思う方もいるでしょうが、
それだけ、お客さまのために
確かな商品を選んでいるということです。


●「サービス」について。

同社のサービスで、もっとも注目すべきは、
ローンで購入する際の「金利手数料無料」です。

一度でもローンで買ったことのある方なら
わかると思いますが、その金利は驚くほど高いのです。

20万円を切る価格で安く買えたつもりでも、
ローンを組むと、
最終的には22万円以上になったりします。
まったく安く買えたことになりません。

お金が無ければ、ローンは仕方の無いことですが、
腑に落ちないものです。

そこをウマくついているのが、
ジャパネットたかたです。

「金利手数料無料」
これは、買うお店を決定する、大きな要因となります。

激安家電量販店で金利を払うのと、
価格はそれほどでもないお店で、金利が無いのとでは、
どちらを選ぶでしょうか。

お客さまは、細かな計算まではしません。
金利の高さを知っているので、
イメージでジャパネットたかたを選ぶことになります。

同社は、価格の安い商品も多いので、
なおさら、選ばれるのです。


●「情報」について。

あの社長そのものが、情報だと言えます。
使用方法や使った時のイメージ、
使うことで得られるメリットを、
小さな子どもから、高齢者まで、
誰にでもわかるように、
優しく、大きな声で説明しています。

「このデジタルカメラを使うと、
 700万画素の高画質で、
 お孫さんがこんなにかわいく撮れてしまいます。
 操作は、このボタンを押すだけ。
 お誕生会やご旅行の記念に、喜ばれますよ」

という、語りかけをします。

性能面で言っているのは、「700万画素」のみ。
これは、実際の画質の良さというより、
“なんとなく高画質”を伝えるために言っているのです。

他の言葉は、機能・性能ではなく、
使う時のイメージや
使うことのメリットだけを伝えています。
このわかりやすさが、お客さまにウケているのです。


●「理念」について。

売った商品に責任を持つ。
当たり前なのに、他社ではできていないことを
ジャパネットたかたは実践しています。

商品購入後、何か問題があれば、
専門オペレーターのいる「コールセンター」で、
しっかりと対応することを“宣言”しています。

“売りっぱなし”が多い会社の中で、
わざわざ宣言までしている同社に、
人気があるのは当然のことだと言えます。

これは、単なるサービスではなく、
同社の理念とも言うべきものです。

このように、方程式は満たされ、
ジャパネットたかたは、成長しているのです。


信頼できる商品+サービス+情報+理念=売れる商品
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたのお店でも、ひとつひとつ検証してみてください。
すべてが揃って初めて、売れる商品が誕生するのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ビジネスブログ100選


人気ホームページランキングへ






スポンサーサイト
テーマ:独立・開業
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック